イオン交換樹脂


イオン交換樹脂にはその交換基の種類により次のように大別されます。
イオン交換樹脂 陽イオン交換樹脂(カチオン) 強酸性
弱酸性
陰イオン交換樹脂(アニオン) 強塩基性
弱塩基性
キレート樹脂  


 
(1)用水処理用 イオン交換樹脂
  日常接する水道水や井戸水は透明で綺麗に見えますが、陽イオン(カチオン)及び陰イオン(アニオン)を含んでいます。これらの成分を水中から除去し精製するのがイオン交換樹脂です。
 
(i)
軟水用
カルシウム,マグネシウム分を多く含んだ水を硬水と云い,これらのイオンを除去した水を軟水と云います。硬水を軟水に換えるのに強酸性カチオン樹脂を使用します。交換能力が飽和状態になれば食塩で再生し繰り返し使用します。軟水はボイラー用水,クリーニング用水,食塩用水等に使用されます。
 
(ii)
純水用
水中のイオン化した電解質を除去し完全な水,即ち純水を製造する樹脂で強酸性カチオン樹脂と強塩基性アニオン樹脂を用います。
○複床式
 強酸性カチオン樹脂→強塩基性アニオン樹脂の順に直列に通し,純水を得る方法で
 イオンの除去率は90〜99%
○混床式
 同一イオン交換塔(筒)内に強酸性カチオン樹脂と強塩基性アニオン樹脂を充填し
 均一に混合して使用します。再生は複床式,混床式ともそれぞれ塩酸及び
 苛性ソーダで行います。エレクトニクス洗浄水,メッキ洗浄水,食品用水等に使用されます。
 
(iii)
超純水用
前処理(活性炭,RO,EDI,イオン交換樹脂純水器等)を通した水を混床式のカートリッジ式純水器で超純水を作ります。超純水とはその名の通り極めて純度の高い水です。樹脂は通常の混床式で使用されるものと同じであるが高純度を要求されるため,強塩基性アニオン樹脂にはTOC溶出の少ないものを使用します。超純水はエレクトニクス関係用水,ガラス,レンズ洗浄用水,製薬用水等に使用されます。
 
(2)排水処理用イオン交換樹脂
  イオン交換樹脂で排水中の有害イオンを排水基準以下に除去して放流可能にし、又純化して再利用(リサイクル)する事が出来ます。排水中の有用物を回収する為にも利用されています。含有イオンの種類によって使用するイオン交換樹脂は異なります。
 
(3)キレート樹脂
  金属イオンを含む液からキレート結合をつくる事によって特定の金属イオンを選択捕捉したり分離する機能を持つ樹脂です。
○重金属イオンの吸着除去
○有害金属イオンの吸着回収
○ホウ酸の吸着除去
○フッ酸の吸着除去
○塩水中の硬度分の吸着除去 
 
(4)ワイヤー放電加工機用イオン交換樹脂
  ワイヤー放電加工機で使用するイオン交換樹脂は強酸性カチオン樹脂と強塩基性アニオン樹脂の混床式です。
 
ここで使用した樹脂は不純物が雑多なため再生はしません。
 
イオン交換樹脂再生業務
当社は長年にわたり各種イオン交換樹脂を取扱い,その特性と再生技術の習得を重ねて
きました。
最新の超純水製造装置の技術で洗浄用水を作りこれにより高純水のイオン交換樹脂を再
生します。